単純な家電製品であれば電源を入れればすぐに使えるようになります。ですから待つ必要がありません。パソコンなどを使うときは電源を入れてから使えるようになるまでにそれなりに時間がかかります。プリンタも一定のウォームアップ時間がかかります。リコーの複合機の良いところとして、電源オフからの立ち上げが早いことです。オフィスでは毎朝電源をオンにしておきます。使えるようになるまで5分ほどかかることがありました。また日中も利用が少ないとスリーブになり、再度使うときは数分かかることがあります。こちらの機械は電源オフから使えるようになるまで1分もかからないタイプがあります。たまにあるのが朝に電源を入れておくのを忘れることです。すると使えるようになるまで5分以上待つ必要がありました。この機械なら1分かかりませんから、用紙のセットをしているうちに使えるようになります。

高い解像度で読み取れるリコーの複合機

文字の書類のコピーの場合は文章を読むことができればある程度は要件を満たしてくれます。複合機にはスキャナー機能がついています。用紙の情報を読み取ってパソコンなどで保存しておく機能です。できるだけきれいに読み取りをしたい場合があります。読み取るときには高解像度で読み取ることができるかがポイントになります。リコーの機械は高い解像度で読み取ることができる仕組みがあります。一般的なコピー機に読み取りとは別にスキャナニングのために装置が取り付けられています。写真を読み取ればほぼ写真の状態のままデジタル化することができます。それをパソコン画面上で見てもきれいに見ることができます。また印刷をすれば写真を印刷するのと同じような品質の印刷をすることができます。パンフレットなどをきれいに残す場合に活用することができそうです。

リコーの複合機はカラー再現をきれいに行う

色は3原色と言われ3つの色を組み合わせるとあらゆる色が表現できるとされています。プリンタに色をセットするときは3色セットするタイプが多いです。ではどのようなカラーでも表現できるかですが、それぞれの機械によってカラーの品質が異なります。機能が高くなればなるほどより色の表現力が高まります。他の機械では同じ色だったものが高品質の機械だと別の色として表現ができる場合があります。別の色になっている方がよりリアルに印刷されます。見た目もきれいになります。リコーの複合機で高機能なタイプだとカラー再現をきれいに行えるタイプがあります。一般的にトナーにはオイルが含まれることがありますがオイルレスのトナーを使っています。そのために色の表現力を高められています。より細かく本物に近い状態で印刷することができています。